テキスタイル

平織

タテ糸・ヨコ糸が1本ずつ交互に交差した一番単純な組織で、最も多く使用されています。裏表なく丈夫な素材で、タフタ、ポンジー、ポプリンなどの種類があります。摩擦に強く、耐久性に優れ、強固さが特徴です。

綾織(ツイル)

 

糸の交錯する点が斜めに走るのが特徴で左綾と右綾があります。平織よりも糸の密度を増し、地を厚くすることができます。伸縮性に優れ、シワがよりにくいのが利点です。サージ、ギャバジン、デニムなどが代表的。


生地プリント

編地や織地にプリント加工を施した生地。メランジ(杢柄)のプリントが落ち着きと鮮麗さを兼ね備えた生地です。

シーチング

平織に比べて厚みがあります。表面も光を反射せず、落ち着いた印象。アイロンがかけやすく、アイロンじわがほとんどできないのが特徴。


キャンバス

帆布とも呼ばれる丈夫で厚手の粗布で、元々は船の帆として使用されていました。現在はトートバッグ、テントなどに多くつかわれます。

サテン

平滑で強い光沢があり、地はあつくても柔らかい。全体に糸の屈曲は少なく、たて糸、よこ糸のどちらか一方のみが表面に現れます。