ニッティング

天竺

平編み、またはメリヤス編みと呼ばれます。表側の網目はV字型に裏側の網目は半円状に見え、裏表の違いがはっきりわかるmのが特徴。ヨコ方向への伸縮性が大きく、Tシャツなどに使われる編地です。

鹿の子

鹿の子の背中にある白いまだら模様がその名の由来。編地に鹿の子状の隆起があり、天竺編みに比較してヨコ方向への伸縮が少ないのが特徴。肌に触れる面積が少なく、通気性にすぐれ、ポロシャツに使用される。

 


フライス

リブ編み、ゴム編みとも呼ばれ、表・裏目ともに同じ編目で生地の裏表がありません。ヨコ方向への伸縮性にすぐれているので、フィット感が抜群です。

スムース

二つゴム編みを裏合わせし、両方とも表地にした編み組織。程よい肉厚感と優れた伸縮性で、形崩れしにくいのが特徴です。ジャージ等に使用されます。


ハニカムメッシュ

表面が蜂の巣のような形をしているので、蜂巣編とも呼ばれる。通気性の良いメッシュ組織に凸凹を持たせ、さらに通気性を良くしている。厚みがありつつもサラッとした肌触りです。

ポリエステルメッシュ

ポリエステル100%使用で、薄く、軽く、速乾性に優れた素材です。メッシュの細やかな透け感は、見た目も手触りも爽やかで、高い通気性が特徴です。主に、ドライ素材の商品に使用されています。


ダンボールニット

表紙糸と裏面糸、そしてそれらを繋ぐ中糸の計3種類の糸で構成されます。厚みがありつつも柔らかく軽量。表面糸と裏面糸、両方の素材感が楽しめます。


裏毛

3種類の異なる糸を用いて、パイル状に編み込んだタオル生地のようなループが特徴。スウェットなどに広く使われる編み方。表側は表糸で覆われ、平編と同じく、美しい外観が特徴です。

裏起毛

裏パイルの編地をひっかき、毛羽立たせた生地。太い糸が毛羽立ち、柔らかく、温かみのある手触りに。生地に厚みがでて繊維の間に空気を含むため、保温性が一段といいので、防寒性が非常に良い。